郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  陸上競技部

陸上競技部

2010/06/11

陸上部も関東大会に出場します!

郁文館高等学校3年生1名がやり投げと円盤投げで関東大会に出場します。

 

ゴルフ部同様、陸上部選手も応援をお願いいたします。

2009/07/14

ほな、ぼちぼちいこか。

夏ですね~◎

お身体は崩されていないでしょうか。

 

 

 

さてさて、

陸上部は春先にシーズンイン☆し、全国総体につながる支部大会・都大会・関東大会と行ってきました。

そんな中、関東を勝ち抜いて全国大会の切符を手に入れたのが

3年生キャプテンの 舘野哲也です!!

ムードメーカーでもある彼は、移動中もリラックスした表情で『現地に行かないとインターハイに来た感じがしません。』と言っていました。

指導者である私たちの方が緊張していたかもしれません。

 

インターハイは7月29日~8月2日という長い期間で行われます。

 

7月30日 400mH予選

 この日は予選のみ行われました。ここで66人中24人まで絞られます。

 いつも通りと言っていいでしょう、相変わらず舘野はリラックスしているようで、予選を難なく通過!

 52秒77と言うタイムで今期ベスト★そして、予選通過者の中で第2位の記録でした。 

 インターハイにしっかり調整してこれているのがわかります。

 

7月31日 400mH準決勝

 もちろん調子の良い舘野、その隣で心臓をバクバクさせている野田先生・・・

 いざ出陣!!

 組では3着、ハイレベルな戦いでした。52秒43と、また自分の今期ベストを更新し走り込んだゴール。

 2着+3着以下記録の上位2名という陸上特有のルールの中で、惜しくも準決勝敗退。涙をのみました。

 タイムのみみれば舘野は7位!!悔しいの一言です。

 

・何より、本人が一番悔しいでしょうし、自分が一番納得しているでしょう。

そんな舘野の切り替えは早く、国体へ向けての新たなスタートを切っています。

彼の今後の活躍も期待したいですね。

この姿に後れを取らずに郁文館陸上競技部が活躍していって欲しいですね☆☆☆

 

 

2009/06/30

遅くなりましたが、行ってきました!!インターハイ南関東大会!!

とうとう全国インターハイへと繋がる、インターハイ南関東大会に出場してきました。

 

場所は栃木県!!かの有名な餃子の町!!

 

そこで、こんな像を宇都宮駅で見つけました!!

 

なんと「餃子ヴィーナス」なる像です!!

 

ヴィーナスが餃子を抱いているのか、餃子とヴィーナスが合体しているのかよく分からん像でした(^-^;)

 

どんなのか知りたい方は1度宇都宮に足を運んでくださいな♪

 

とまぁ宇都宮の思い出はここらへんにしといて、結果報告にLet’s go~!!

 

今回、陸上部は6種目5人の選手が参加しました!!

 

1日目

初日は400mの舘野哲也とハンマー投げの多賀千裕です。400mは49秒99の組5着でした。ハンマー投げは3回ファールという結果でした。

 

2日目

400mHの舘野哲也です。この種目では見事、4位(記録は53秒10)入賞で全国大会への切符をGETしました。

 

3日目

800mの佐藤竜馬とやり投げの大川祐哉の登場です。結果は、800mは1分58秒95・やり投げは50m61で共に予選落ちという結果になりました。

 

4日目、最終日です。

最後に登場したのが、110mHの眞家康成です。結果は準決勝で自己ベストを更新するも、決勝には進めませんでした。記録は15秒31でした。

 

最後に

関東大会は4日間という陸上では長丁場の大会でした。結果としては、1人だけ全国大会に進むことができました。東京都は地区で分けると南関東地区に入ります。しかしこの南関東=「なんかん」と略されるこの地区は、南関=なんかん=難関といわれ日本でも1,2を争うほどの激戦区でもあります。その中で相手と戦い、自分自身とも戦い、その両方に勝ち全国に進んだ者、自分自身に勝ち自己ベストをだした者、悔し涙を流した者などそれぞれいますが、この戦いというのはどういう結果であれ彼らの財産になることでしょう。

まだまだシーズンは続いていきます。これからも日々自分自身を追い込み秋にでっかい花を咲かせましょう!

 

では、また結果の報告を近々したいと思います。

 

 

 

« 前のページ  1  2  3  4  5 
ENGLISH
PAGE