書道部

2017/12/26

第4回 書き初め指導会を実施!

今年で4回目となった書き初め指導会が、今年も年末の12月26日(火)に行われました。

近所(蓬莱町会)の小学生を対象としたこの書き初め指導会は、書道部の恒例行事の1つになっており、小学生に書き初めを指導し書道の技術向上と楽しさを知ってもらうこと、そして地元への恩返しが目的です。

今回の書き初め指導会には中学生を含め、17名が参加してくれました。

参加前と参加後で書の楽しさが増してくれたら嬉しいです。

書道部員は優しくわかりやすく指導し、自分の書道の技術力向上にもなったのではないでしょうか。

ご苦労様でした。

image3[1].jpeg2017-12-26 11.37.10.jpg2017-12-26 12.12.35.jpg2017-12-26 12.13.45.jpg2017-12-26 12.14.37.jpg

書道部顧問 東海林剛

2017/11/20

H29年度 郁秋祭書道パフォーマンス

9月30日(土)、10月1日(日)の両日を通じて、郁文館の文化祭『郁秋祭』が行われました。

ここでは一年間の練習の集大成としての書道作品の展示を行いました。

また体育館では、ご来場いただいた方々を驚かせるような書道パフォーマンスを行い、大きな拍手をいただきました。

この日に向けての多くの努力が報われる日となりました。

鑑賞いただいた方々にこの場を借りて御礼申し上げます。

2017-09-30 12.47.47.jpg2017-09-30 12.51.41.jpg2017-09-30 12.56.26.jpg2017-09-30 13.15.42-1.jpg

書道部顧問 東海林剛

2017/09/21

H29 書道部夏合宿

8月3日~6日(3泊4日)、長野県志賀高原にて書道部夏期合宿が行われました。

芸術の秋というように、秋には展覧会や文化祭があります。書道部は毎年数々の展覧会に出品しますが、この夏合宿で各展覧会に向けての作品作りの特訓をします。涼しい志賀高原で、朝は8時から夜は10時まで書きっぱなし、4日間で35時間にもなりました。1年間で一番実力がつくときです。

合宿生活を通じて集団で切磋琢磨して学ぶことにより、更なる技術の向上と質の高い作品作りに励めたかと思います。また、余興・寝食を共にすることにより部員相互の連帯感を深まりました。

合宿3.JPG

初日は、基本の『永』字練習

合宿8.JPG

臨書練習で徐々に加速

合宿5.JPG

全紙サイズの作品制作

合宿16.JPG

部員の作品講評会 良いところ、直すところを学ぶ

2017-08-04 16.10.50.jpg

レクリエーションで息抜き

2017-08-06 12.49.14.jpg

合宿も無事に終わりました

書道部顧問 東海林剛

2017/08/02

合同練習会に参加

東京都高等学校文化連盟書道部会主催の合同練習会が、8月1日に大東文化大学第1高等学校で行われ、そこに郁文館の高校生部員6名と2名の顧問が参加した。

これは、東京都にある高校書道部員が参加し、互いの練習方法や作品の取り組みを勉強し合う会である。

今回は、127名の高校生と15名の各校顧問、総勢142名で行われた。

午前中は臨書作品・午後は創作作品を仕上げ、その後の講評会で発表をした。

郁文館は午後の創作は得意分野であるが、午前中の臨書作品の取り組みでの力不足を感じて帰ってきた。

これを明日から行われる書道部夏季合宿での課題とし、成果を上げられるように努力をしていきたい。

2017-08-01 修正.jpg

書道顧問 東海林 剛

2017/06/16

アフリカタンザニア中学生への書道体験

 6月8日(金)、アフリカのタンザニアから、4名の中学生が郁文館の学校見学に来ました。そこで日本の体験授業の一環として、放課後の書道部クラブ体験をしてもらいました。

 来日した生徒は、中学2年生2名・3年生2名で、書道の体験はあったようですが、漢字を書くのは初めてだったようで苦戦をしていましたが、納得いくまで何度も練習し、書き上げたときにはとても喜びがあふれていました。良かったです。

 これを機会に、部員も日々鍛錬を怠ることなく、精進して欲しいと思います。

書道部顧問 東海林 剛

2017-06-09 06.20.36.jpg

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
ENGLISH
PAGE