郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  高校サッカー部

高校サッカー部

2015/10/19

DUOリーグ後期 フリーサイズ・フットボール本郷大会結果

10月11日、本郷高校のグラウンドにおいてDUOリーグ後期のフリーサイズ・フットボール本郷高校大会「1/4コートミニサッカー大会」が開催され、前回の筑付大会に引き続き高2のAチームと高1のBチームの2チームが出場しました。

今回は、6人制で試合時間は10分1本勝負です。また、ミニサッカー大会と同時並行でPK大会も開催されました。

予選リーグの結果は次のとおりです。


【Aチーム】

ミニサッカー大会==========

vs G本郷       0-3 ●

v筑波大付属B    2-0 ○

vs 豊島学院B     1-0 ○

vs アルティメット本郷 1-2 ●

vs 貞静学園      2-2 △

 

2勝2敗1分 勝点7 得失点差-1 αグループ3位

 

duo1011-a1.jpgduo1011-a2.jpgduo1011-a3.jpgduo1011-a4.jpgPK大会==============

vs G本郷       3-4 ●

vs 筑波大付属B    5-4 ○

vs 豊島学院B     5-4 ○

vs アルティメット本郷 6-5 ○

vs 貞静学園      3-4 ●

 

3勝2敗 勝点9 得失点差1 αグループ2位

 

duo1011-a5.jpgduo1011-a6.jpg

【Bチーム】

ミニサッカー大会==========

vs 筑波大付属A     2-0 ○

vs マネージャー&オールドブラックス 1-0 ○

vs 豊島学院A      1-1 △

vs 豊島学院C      2-0 ○

vs リベンジ本郷     0-1 ●


3勝1敗1分 勝点10 得失点差4 βグループ3位

 

duo1011-b1.jpgduo1011-b4.jpgduo1011-b5.jpgduo1011-b6.jpg

PK大会==============

vs 筑波大付属A     9-8 ○

vs マネージャー&オールドブラックス 5-4 ○

vs 豊島学院A      5-4 ○

vs 豊島学院C      4-5 ●

vs リベンジ本郷     5-4 ○

 

4勝1敗 勝点12 得失点差3 βグループ2位

 

duo1011-b7.jpgduo1011-b8.jpg
 この結果により、Aチーム、BチームともにPK大会は決勝トーナメントに進むことになり、ミニサッカー大会は順位決定戦でAチーム対Bチームで5位、6位を競うこととなりました。

 

duo1011-ab1.jpgduo1011-ab2.jpgduo1011-ab3.jpgduo1011-ab4.jpgPK大会決勝トーナメントの結果は、Aチームの優勝、Bチームは4位です。

また、ミニサッカー大会の順位決定戦は、Bチームも善戦したものの先輩には勝つことができず、1-0でAチームが勝ちました。

 

今大会、Bチームが対戦したマネージャー&オールドブラックスには、普段チームのお世話をしてくれているマネージャーと顧問の先生、コーチが出場していました。選手たちの長所や短所をよく知っているため、選手たちにとってはなかなか手強い相手だったようです。しかし、チーム全員で試合する機会もなかなかないため、皆の表情はとても楽しそうでした。

 

duo1011-b2.jpgduo1011-b3.jpg勝ち負けはつくものの、ミニサッカーではポジションにとらわれず、誰もが自由に動き、PK大会ではひたすらボールに魂を込めて打ち続けました。選手たちも1日、サッカーの楽しさを満喫しているようでした。最後になりましたが、会場準備など、当日の運営・進行にご尽力いただいた大会関係者の皆さんに感謝申し上げます。
2015/10/11

DUOリーグ後期 フリーサイズ・フットボール筑附大会結果

 

シルバーウィーク中の9月23日、筑波大附属高校においてDUOリーグ後期のフリーサイズ・フットボール筑附大会「Dukubaコンフェデレーションズカップ」が開催され、高2Aチームと高1を中心としたBチームの2チームで出場しました。

この大会は、8人制で15分ハーフ。コートもいつもの半分の大きさ、ゴールは少年サッカー用の小さいゴールです。

いつもの11人制とはちょっと勝手が違いますが、普段の練習でもミニゲームを行っているので、選手たちにとってはそれほど違和感がなかったようです。

結果は次のとおりでした。

 

Aチーム】

第一試合 vs 本郷高校B  0-0 △

 

duo0923-a-hongob01.jpgduo0923-a-hongob02.jpg第二試合 vs 都立荒川商業高校  2-0 ○

 

duo0923-a-arakawa01.jpgduo0923-a-arakawa02.jpg第三試合 vs.都立青井高校B  1-1 △ duo0923-a-aoi01.jpgduo0923-a-aoi02.jpgduo0923-a-aoi03.jpg
Bチーム】

第一試合 vs 豐南高校A  0-2 ×

 

duo0923-b-honan01.jpg第二試合 vs 本郷高校A  0-2 ×
duo0923-b-hongoa01.jpgduo0923-b-hongoa02.jpg第三試合 vs 中央大学高校B 0-2 ×
duo0923-b-chuo01.jpgduo0923-b-chuo02.jpgduo0923-b-chuo03.jpgこの結果、Bチームは一次リーグ敗退。Aチームはグループ位で二次リーグにすすみました。 

 


二次リーグの最初の試合は、昭和第一高校でした。

 

結果は、

vs 昭和第一高校B  1-1 PK5-4 ○

前半分ペナルティーエリア正面から右足アウトサイドでシュート。
点先制。
しかし後半8分、キーパーが飛び出したところをミドルシュートを打たれて失点。
1-1
の引き分けとなり、PK戦へ。


昭和一  4 ×○○○○×
郁文館    5 ×○○○○○

PK戦の結果、準決勝に駒を進めました。

 

duo0923-a-junjun01.jpgduo0923-a-junjun02.jpgduo0923-a-junjun03.jpg duo0923-a-junjun04.jpg duo0923-a-junjun05.jpg次は準決勝です。

準決勝の対戦相手は、本郷高校ABチームが一次リーグで0-2で負けた相手です。Bチームのためにもここは勝って先に駒を進めたいところです。結果は、
vs
本郷高校A  0-0 △ PK6-5 ○
前半7分ペナルティーエリア前、前半終了間際、正面からシュートチャンスがあったが得点ならず。逆に後半8分にペナルティーエリア前のハンドでフリーキックをとられるが、相手が外してPK戦へ。
本郷A 5 ○○○×○○×
郁文館 6 ○○○×○○○

 

duo0923-a-junketsu01.jpgduo0923-a-junketsu02.jpg duo0923-a-junketsu03.jpg duo0923-a-junketsu04.jpgさあ、いよいよ決勝戦!

決勝戦の対戦相手は一次リーグでも対戦した本郷高校B。

前半、攻め込まれるが、後半開始1分、左サイドのスローインからパスをうまくつないでシュート。GooL!
しかし4分、ゴール前の混戦からキーパーがパンチングしたボールを打たれて同点。
三度目のPK戦となり、惜しくも2-3で負けてしまいました。

でも準優勝です。

 

duo0923-a-kessyo01.jpg duo0923-a-kessyo02.jpg duo0923-a-kessyo03.jpg duo0923-a-kessyo04.jpgduo0923syugo (2).jpg

 

2015/10/11

練習試合

選手権が終わり、新チームでの活動が始まりました。

新人戦に向けて、練習試合を積み重ねています。その様子です。

 

tmakiruno0906-02.jpgtmakiruno0906-03.jpg tmakiruno0906-04.jpg tmakiruno0906-05.jpg tmakiruno0906-06.jpg tmakiruno0906-08.jpg tmakiruno0906-09.jpg tmkaijyo0921-01.jpg tmkaijyo0921-02.jpg tmkaijyo0921-03.jpg tmkaijyo0921-04.jpgtmkaijyo0921-06.jpg tmkaijyo0921-07.jpg tmkaijyo0921-08.jpg
2015/08/31

選手権結果報告【4回戦】

8月20日(木)

 

駒沢オリンピック公園補助グラウンドにて

 

vs 青陵高校

前半 0-0

後半 0-2

結果 0-2 ×

sensyuken0821-01.jpgsensyuken0821-02.jpg都大会二次予選の出場権をかけて正に正念場となる青陵高校戦です。

場所は人工芝がきれいな駒沢オリンピック公園補助グラウンドです。曇天から日差しが時折のぞく蒸し暑い中、多くの郁文館サポーターが応援に駆けつけてくれていました。さあ、試合開始です。

前半】

青陵高校のキックオフで始まりました。
やはり都大会出場がかかっているせいか、選手たちの動きにも少し固さが見られます。ファーストシュートは青陵高校でしたが、郁文館も9分過ぎ、右サイドから駆け上がりシュートを放ちます。
両チームとも決定的好機はないまま、しばらくつば競り合いは続きましたが、14分、郁文館がペナルティーエリア左の混戦からシュートを放つと、分後、たたみかけるように今度は右サイドから駆け上がりシュートを打ちます。選手たちの動きも次第に良くなり、ボール支配率も高くなっています。いい流れの中、早く先制したい郁文館。
青陵高校もそうは簡単にゴールを割らしてくれません。逆に22分、自陣に深く攻め込まれ、左サイドの混戦から打たれた弱いシュートボールが、コロコロとゴール右のポストをかすめます。ヒヤッとした一瞬でした。これで気を引き締めたのか、分後、郁文館は左サイドからミドルシュートを放ちますが惜しくもキーパー正面と、前半は一進一退のまま終了しました。

 

sensyuken0821-03.jpgsensyuken0821-04.jpgsensyuken0821-05.jpgsensyuken0821-06.jpgsensyuken0821-07.jpg【後半】

 

後半開始のホイッスルが吹かれた1分後、一瞬のスキからペナルティーエリア付近左サイドから浮き玉で右にパスを通され走り込んできた相手にドンピシャで合わせられ失点してしまいます。
でもまだまだ時間は十分にあります。切り替え、切り替え!
9
分、右サイドから攻め込まれ、またもや浮き玉でパスを左に通されます。そこに走り込まれてシュート。まずい!と思った瞬間、キーパーが右足1本で好セーブ。後半は圧倒的に青陵高校にボールを支配されています。何とかしたい郁文館。選手たちも思いは同じで、パスをスピーディーにつなぎながら、何度もシュートを放ちます。しかし、あと1歩決めきれないまま残り時間が少なくなった25分、ペナルティーキックのファールを与えてしまい、追加点を許してしまいました。
残り時間からワンチャンスあれば、まだまだ逆転さえも狙える点差です。決して下を向かずその後も攻め続けた郁文館でしたが、残念ながらネットを揺らすことはできませんでした。

 

sensyuken0821-08.jpgsensyuken0821-09.jpgsensyuken0821-10.jpgsensyuken0821-11.jpgsensyuken0821-12.jpgsensyuken0821-13.jpg三年生にとっては実質的な引退試合となりました。全員で上を目指して戦いましたが、惜しくも願いはかないませんでした。終了後涙する選手は多かったですが、この経験をさらに生かして来年はぜひ1歩上を目指したいものです。

 

先生、コーチ、選手のみなさん、そして選手を支えてくださったマネージャーのお二人、お疲れ様でした。

また応援に来てくださった先生方、OBの先輩方、生徒の皆さん、保護者の皆さん応援をありがとうございました。

 

sensyuken0821-15.jpg

 

2015/08/31

選手権結果報告【3回戦】

8月18日(火)

創価高校第1グラウンドにて

 

vs 文教大付属高校

前半 1-0

後半 1-0

結果 2-0 ○

 

sensyuken0819-01.jpg3回戦の相手は文教大付属高校です。勝負は実力の有無に左右されることはもちろんですが、対戦経験のない相手の情報を事前に共有しておくことも、勝利を掴む大切な一歩となります。前日の練習時には、しっかりビデオチェックしながら、ロングボールから攻め上がるチームであることが頭に入っていました。さあ、どう戦う!sensyuken0819-02.jpg前半】

さあ、郁文館ボールで試合開始です。

20分まではお互い相手の出方を探っている様子が見られました。相手チームは予想どおり、ロングボールを多用して前線にとにかくボールを入れようとしています。また、果敢にパスカットも狙ってきました。これに対し郁文館イレブンは、夏合宿で当たり負けしない体力が身についたのか、相手の激しいチャージに体制を崩しながらも、ボールをキープしてパスをつなぎ、サイド攻撃からゴールに向かいます。20分過ぎから徐々にボール支配率を高めていきました。
22
分、右サイドからドリブルでの切り込みシュート、30分には左サイドのフリーキックを基点に、大きなシュートチャンスがありました。流れは来ています。
ため息の連続の直後32分、右のコーナーキックからの混戦を制して、ファー(遠い)サイドにいた選手が押し込んで先制します。
それまでは応援の数も勝っていた相手チームに押され気味だった郁文館サポーターも、得点を契機に一気に盛り上がりました。前半も残り僅かです。そして終了間際、フリーキックからのチャンスをつないでシュートで前半は終わりました。sensyuken0819-03.jpgsensyuken0819-04.jpgsensyuken0819-05.jpg 【後半】
いよいよ勝負の後半です。相手も前半以上にプレスをかけてくるに違いありません。さあ、どう耐える!
開始1分、右サイドから攻め上ってシュート。その2分後、左のフリーキックから右サイドに流してシュート。惜しくも枠は捉えられませんでしたが、攻めの姿勢を崩さないのはグッドです。でも、守りはもっと大事です。
15
分過ぎから給水タイム直後まで、左右のコーナーキック、フリーキック、ミドルシュートと劣勢の時間帯が続きましたが、全員でしのぎました。何とか流れを引き戻したい郁文館も28分、31分と右のコーナーキックからあと1点を狙います。そして、終了間際の32分過ぎ、郁文館の右へ流れるゴールキックを相手がヘッドで跳ね返しましたが、それを郁文館の選手がカットして前線にパス、右サイドの選手がドリブルでキーパーと11になり冷静にGooL!待望の追加点です!
このまま2-0で3回戦を突破できました。
sensyuken0819-06.jpgsensyuken0819-07.jpgsensyuken0819-08.jpgsensyuken0819-09.jpgsensyuken0819-10.jpgsensyuken0819-11.jpgsensyuken0819-12.jpgsensyuken0819-13.jpgsensyuken0819-14.jpg
« 前のページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
ENGLISH
PAGE