郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  高校サッカー部

高校サッカー部

2013/05/04

総体支部予選三回戦  対  都立江北高校

5月4日(土)  時間:12:00(K.O)  場所:都立江北高校

 

郁文館  対  都立江北高校

 

     1       -         0

 

得点者:齊藤滉太

 

 

5月4日に行われた総体支部予選三回戦の模様をお伝えします。

 

 

 

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 026.JPG

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 032.JPG

ロングボールを多用してDFの裏を狙ってくる相手に対して、GK小林亮太やDFを中心としてよく跳ね返していました。

 

 

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 053.JPG

MF上野大樹もよく走っていました。

 

 

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 090.JPG

DF南部巧のFK。相手GKのミスを誘い良いチャンスメイクをしてくれました。

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 096.JPG

後半のkick off。

 

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 099.JPG

応援団の応援も忘れてはいけません。

 

この日は、地区代表決定戦だったこともあり応援に熱が入り、また、たくさんの保護者様方・OB・部外の在校生

 

が炎天下の中、わざわざ会場へ足を運んでくださいました。

 

 

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 142.JPG

 

この試合に限らず、MF荒尾友貴の献身的なプレーに何度もチームは救われます。

 

 

そして後半も半ば、、、

 

ついに・・・

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 144.JPG

2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 145.JPG

 

MF齊藤のミドルシュートが相手GKの脇を抜けてゴールへ!

 

郁文イレブンの歓喜の輪!

 

 2013-05-04 H25東京都総体東支部予選大会 20130504 165.JPG

 その後は江北高校の怒濤の攻撃を意地で押し退け、辛くも都大会への切符を手にしました!

 

 

 

 

この試合では、郁文イレブンの集中力・精神力の強さが表れたのではないかと思います。

 

ボールへの執着心、相手に競り負けないという強い心が持てたからこそ、一歩相手よりも抜きんでてすんでで

 

勝ちという結果をつかみ取れたのではないかと思います。

 

 

下馬評では、江北高校のほうが強いという考えの方が強かったかもしれませんが、

 

その前評判をひっくり返すことができたのは、イレブンの努力はもちろん、

 

応援の方々の声援、保護者様方の支援などというピッチ外の要因も相まってのことであると

 

スタッフ一同、非常に感謝しております。

 

 

また、熱い声援を送っていただけるよう、更に邁進していきますのでよろしくお願いいたします。

2013/05/03

総体支部予選2回戦   対  日大一高校

5月3日(金)  時間:14:30(K.O)   場所:江北高校

 

郁文館   対   日大一高校

 

  0    -    0    (PK:  5  ー  4  )

 

5月3日に行われた総体支部予選2回戦の模様をお伝えいたします。

 

 

IMG_8292.JPG

 

郁文館伝統の全員円陣。気持ちを1つにし戦いに挑んだ。

 

IMG_8322.JPG

IMG_8334.JPG

 

IMG_8379.JPG

IMG_8484.JPG

 

試合終了。スコアは0-0。PK戦へ望みをかける。

 

IMG_8533.JPG

IMG_8535.JPG

 

IMG_8536.JPG

PK戦は5-4。相手の最後のキッカーのシュートを郁文館のGK小林 亮太が止め、見事2回戦突破を果たした。

 

 

両チームとも点が入らない、厳しい戦いではあったが、1回戦同様郁文館は耐えて耐えて耐え抜いた勝利であっ

 

 

たと思う。

 

 

都大会まであと1勝。このまま都大会まで突き進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013/04/28

総体支部予選1回戦 対 文京高校

4月28日  時間:13:00(K.O)  場所:都立江北高校

 

郁文館   対   文京高校   

 

得点:  1     -     0    

 

得点者:近石  大輝

 

 

4月28日に行われた総体支部予選1回戦の模様をお伝えします。

 

IMG_8057.JPG

 

 

IMG_8148.JPG

 

IMG_8163.JPG

IMG_8203.JPG

IMG_8112.JPG

試合終了。

 

 

前半は0-0。後半開始10分、コーナーキックから近石 大輝がヘディングで合わせ、得点。

 

 

その1点を守りきり初戦を勝利することが出来た。

 

 

公式戦経験があまりなく初戦ということもあり、かたさは見受けられたが、しっかりと守り我慢しなくてはいけないと

 

 

ころはしっかりと守りきることが出来た。このまま都大会まで突き進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/09/29

選手権 都大会 1回戦 郁文館 対 創価高校

9月16日 10:00(K.O) 場所:東海大菅生高校

 

郁文館 0-4 創価高校  (0-0、0-4)

 

 

前回行われた選手権予選都大会1回戦目の試合をお伝えします。

 

 

郁文館高校初の選手権での都大会が幕を開けた。選手たちは試合会場が遠いということもあり、前日に近く

 

 

の宿舎に一泊し、試合会場に向かった。

 

 

第一試合ということもあり芝の感触を確かめながらアップをした。最後にミーティングをし気合十分で試合が

 

 

始まった。

 

 

前半戦。

 

 

両チーム、都大会一回戦目ということもあり動きに硬さが見えた。郁文館はしっかり守りボールを奪ったら両

 

 

サイドから速い攻撃で相手のゴールを脅かした。しかし、なかなかゴールネットを揺らすことができなかった。

 

 

その後はお互いチャンスは作るものの決めきる事ができず、0-0で前半が終了した。

 

 

後半開始。

 

 

後半の立ち上がりは前半同様、しっかり相手のキーマンとなるプレーヤーに仕事をさせることなく、いい立ち上

 

 

がりが出来た。しかし後半16分、一瞬のすきを突かれ、左サイドからのクロスに相手の10番が体を投げ出すよ

 

 

うにヘディングで合わせた。失点を許してしまった。この一点で波に乗ってしまった創価高校は、郁文館が立

 

 

て直す時間を与えることなく二点目。郁文館はまたも失点を許してしまった。

 

 

追う立場となった郁文館はその後、攻撃に気持ちが行き過ぎたことにより、注意しなければならない相手のキ

 

 

ープレーヤーをフリーにさせ、さらに二失点を許してしまった。

 

 

残り時間はあとわずかだった。しかし諦めている者は誰もいなかった。必死でゴールを奪おうとがむしゃらにボ

 

 

ールを追った。しかし、無情にも試合終了のホイッスルが鳴り、高校3年生、最後の夏が終わった。

 

 

残念ながら都大会での結果は1回戦負けであったが、どんな時でも諦めることなくがむしゃらに80分間走り続

 

 

ける彼らの試合はとても感動的であった。

 

 

今回負けてしまった事で高校3年生は引退になった。彼らはこの高校サッカーを通して精神的にも肉体的にも

 

 

強くなった。もしこれからの人生のなかで大きな壁にぶち当たったとしても、高校サッカー部として辛い練習

 

 

をやり通した3年間を思い出してもらいたい。彼らなら必ず乗り越えることが出来るだろう。

 

 

 

 

 

2012/09/01

8月20日 選手権予選決勝 郁文館 対 都立足立高校

8月20日 14:00(K.O) 場所:小石川運動場

 

 

郁文館 3-1 都立足立高校

 

 

得点者:榎本将人(3)

 

 

とうとう都大会出場まであと1勝。生徒たちの疲労もかなりピークに達しようとしていた。

 

 

しかし、ここまで来たからには絶対に勝ってうれし泣きをしたい。そんな気持ちで選手たちは試合会場まで来

 

 

ていたことだろう。

 

 

試合前の最後のミーティング。自分がマッチアップする選手の確認やどのように攻めるかなど確認をし、試合

 

 

が始まった。

 

 

前半戦。

 

 

お互い警戒し合い、静かな立ち上がりとなった。両チームとも決定的なチャンスもなく試合は続いて行った。

 

 

そんな中一瞬ディフェンスラインのすきを突いてきた相手の10番が前でいい形を作り決定的なチャンスを相

 

 

手に与えてしまったが、幸運にもそのシュートはゴールを外れ得点を決められることはなかった。

 

 

その後はお互い決定的なチャンスがないまま前半終了。

 

 

後半開始。

 

 

後半から今大会得点に貢献している榎本将人と投入。するとこの男がやってくれた。後半3得点。

 

 

この大舞台でハットトリックを決めてくれた。

 

 

1点目、左サイドから鎌田将翔が上げたセンターリングに左足で合わせ先制点。

 

 

2点目、フリーキック。キッカー榎本将人。北村晨がキーパーの視界に入り、低い弾道でけられたシュートが

 

 

ゴールにそのまま吸い込まれていった。

 

 

3点目、ボールをキープし思いっきり振りぬいたシュートがゴールに決まり3点目。

 

 

後半残り時間数分でコーナーキックから失点を許すも試合終了。

 

 

見事夏の選手権予選郁文館サッカー部初の都大会出場を成し遂げた。そして約束通り嬉し泣きで選手権予

 

 

選を終えることができた。

 

 

今回サポート、応援をしてくださった保護者、OB、先生方にはスタッフ、また生徒一同とても感謝しています。

 

 

ありがとうございました。

 

 

また都大会でも2地区の代表として郁文館らしく暴れていきたいと思っていますので応援の程よろしくお願いい

 

 

たします。

 

 

写真は後日アップいたします。

« 前のページ  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21 
ENGLISH
PAGE