郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  フットサル部

フットサル部

2012/06/12

《お知らせ》6/17 交流戦part2

日時  6月17日(日)  9:00~17:00

 

場所  筑波大学附属高校

 

6月3日同様、東京都ユースリーグに出場しているチームが集まり、試合を行います。

お時間がございましたら、ぜひ会場にお越しいただき、子ども達の頑張っている姿やチームの様子をご覧になって下さい。

 

 

access2.jpg

(会場校HPより)

2012/06/12

6/3 交流戦

格上のチームばかりの中で1勝2敗5分という成績を残せたことは、チーム力が確実に伸びている証だと思います。

 

その上で試合を通して、次の課題がみえてきました。

 

①マークの受け渡しが遅いこと、切り返しとテンポが遅いことといった、守備から攻撃への移り替えの部分。

②ボールを止めないで前に進む動きといった、シュートまでもっていく部分。

 

その一方で、キーパーとディフェンスの動きは試合を通して良かった。

最後まで気を抜かず失点を少なくすることが、勝利に繋がると思います。

2012/05/21

5/13(日)練習試合

5月13日(日)   郁文館高校グラウンド

 

 

              郁文館高校  vs  自由が丘学園

 

1ゲーム目  前半      0     -     0

          後半      1     -     4

  

2ゲーム目  前半      3     -     3

         後半      0     -     1

 

3ゲーム目  前半      2     -     1

         後半      3     -     0

 

4ゲーム目  前半      2     -     0

 

 

 

<試合後の反省会にて>

 

・パスミス、カットミスが多い。

・シュートチャンスでしっかり決める。

・ボールを止めない。

・ピヴォに通させない。

 

1人1人が自分の課題を考え、日々の練習から意識をしていくことが、勝利に繋がるのだと思います。

 

 

 

 

2012/05/15

5/3練習試合の結果

5月3日(木)     郁文館  vs  OSV(社会人チーム)

 

1ゲーム目 前半    0    ―    1

        後半    2    ―    3

 

2ゲーム目 前半    0    ―    1

        後半    2    ―    5

 

3ゲーム目 前半    1    ―    3

        後半    1    ―    4

 

 

<試合の総括>

1日を通して、得点を増やすために、失点を減らして得点につなげることがとても大事だと思いました。

そして「声を出せ」という指示が3ゲームとも多かったように感じました。

 

試合中や試合後に監督に言われたことを思い出し、意識しながら日々の練習に取り組んでいきたいです。

 

そして、今年度中に社会人相手に1回でも勝つことを目標の1つにします。

2012/05/10

5/2練習試合の結果

5月2日(水):滝野川体育館

 

 

           郁文館 vs dale(大学生チーム)

 

1ゲーム目     2   ―   3

 

2ゲーム目     5   ―   4

 

3ゲーム目     1   ―   5

 

 

<試合を通して>

 

①1試合目は今まで練習してきたOF・DFの型をうまく使い、戦えたのですが、惜しくも負けてしまいました。

昨年度からの課題である残り時間の少ない中での失点を今回もしてしまいました。

 

②2試合目は1試合目の型をそのまま実践し、且つ1試合目以上にシュートの意識をもって試合に臨みました。

その結果、OFの型がとても良く、大学生チームに勝つことができました。

自分達の成長を実感できた試合でした。

 

③3試合目は選手全員の集中力が切れてしまい、大差で負けてしまいました。

これも昨年度からの課題で、試合数を重ねるごとに失点が増えていくところは、これから皆で改善していかなければなりません。

 

 

今回の試合を通して、練習の成果が少しずつ出せるようになってきたことを実感しました。

そして、選手全員のモチベーションが高く大学生にも勝つことができました。

今回の結果を糧に、もっと練習での意識を高めて、もっと勝てるようにしていきます。 

 

« 前のページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
ENGLISH
PAGE