郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バスケットボール部

バスケットボール部

2014/12/12

平成26年度文京区中学校バスケットボール新人大会 1回戦

 

【平成26年度文京区中学校バスケットボール新人大会 1回戦】

10月12日(日)文京区立第八中学校会場において、対文京第十中学校との1回戦が行われました。

ミーティングでは、試合でのポイントの再確認。

試合前のミーティングでは、選手の緊張がMAXに・・・。

IMG_7906.JPG

 


トスアップから試合が始まりました。
IMG_7911.JPG
IMG_7913.JPG

 

 

IMG_7922.JPG

 

IMG_7928.JPG

 

 

IMG_7942.JPG

 

IMG_7963.JPG

 

IMG_7970.JPG

 

IMG_7984.JPG

 

リバウンドを捕って、”速攻”!

IMG_7997.JPG

 

IMG_8008.JPG

 

IMG_8010.JPG

 

よく走り、よく声も出ていて、落ち着いて見られる試合でした。

 

結果は、郁文館中学 71 対 37 文京第十中

 

2回戦は京北中学とのブロック決勝です。

 

自分自身の力を充分に出してほしいと思います。

 

 

2014/11/12

女子 新人大会 2回戦

平成26年11月9日 2回戦に挑みました。

相手は、都立江東商業高校です。

毎年、4回戦まで勝ち上がる強敵です。

 

第1ピリオド

一進一退の攻防

DSC01515[1].jpgお互いなかなか思うような攻撃が出来ず、点数が伸びないなか、先にリズムをつかんだのが江東商業DSC01514[1].jpg

10-20

 

第2ピリオド

相手の勢いに呑まれ、焦りからミスが続出

一気に相手に走られ大差がつく

DSC01518[1].jpg6-28

 

第3ピリオド

冷静さを取り戻し、オールコートプレスで勝負に出る

DSC01524[1].jpg走り出したチームに勢いが戻るDSC01528[1].jpg

積極的にシュートまで持って行き、互角の戦いを展開するDSC01525[1].jpg

18-18

 

第4ピリオド

良いリズムまま追い上げ続けるも、相手に3ポイントシュートを要所要所で決められ追いつききれずDSC01534[1].jpg

DSC01536[1].jpgタイムアップ

11-18

終了.jpg力負けでした。

45-84

 

やはり気持ちで戦うチームです。

気迫を前面に出し、オールコートで戦い抜くことを決意した一戦でした。

2月の大会までに、チームを鍛え直し、一試合を通して、気迫を前面に出せるチームになります。

目標が明確になり、よりいっそう闘志がわいてきました。

 

2014/11/05

女子 新人大会 開幕

平成26年11月3日 東京都女子バスケットボール新人大会が始まりました。

1回戦の相手は、都立王子総合高校です。

郁文館と同じぐらいの人数で活動しているチームです。

 

DSC03961[1].jpg

第1ピリオド 18-3

相手に合わせたプレーでスタートしましたが、徐々に自分たちのペースへと引き込んでいきました。DSC03986[1].jpg

DSC03967[1].jpg

第2ピリオド 21-12

完全にリズムをつかみ、コツコツと点数を積み重ねていきます。DSC03964[1].jpgのサムネール画像

DSC03981[1].jpg

第3ピリオド 15-9

油断からか、相手のリズムになりかけるものの、速攻を出し、点差を詰めさせません。

DSC03973[1].jpg

第4ピリオド 19-11

最後まで集中してゲームに臨みました。DSC03990[1].jpg

DSC03993[1].jpg

最終 73-35

DSC03999[1].jpg

相手ガードのスピードについて行けず、1対1でやられるシーンがありましたが、チームで守り、リバウンドもよく捕りました。

安定した展開が出来たのも、しっかりとボールコントロールが出来、積極的に攻撃していたからです。

イージーミスも見られましたが、来週の試合までに修正し、2回戦もがんばりましょう。

 

2014/09/06

2014 東京都私立中学校バスケットボール大会

 

【2014年度 東京都私立中学校バスケットボール大会】

 

2014年8月21日~8月23日の日程で、私学大会が行われました。

 

 

<8/21~8/22(至郁文館会場)> 
○42 郁文館 対 明大中野八王子 30 
●26 郁文館 対 成城 59 
●37 郁文館 対 淑徳 47 
●38 郁文館 対 清明学園40 

 

明大中野八王子は、郁文館会場ブロックで一位通過でした。

一位通過した明大中野八王子に勝ちましたが、山口が着地で怪我をしたため、

二試合目以降、苦しい戦いとなってしまいました。

 

<8/23(至慶應大学中等部会場)> 

○郁文館 対 城西大城西中 

 

写真は、8/23に慶應大学中等部会場で行われた、対城西大城西中との試合です。

 

 

①試合直前のミーティング。練習してきた事を自信を持って出来るかが、重要です。

252.JPG

 ②試合前の整列。

253.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③城西大城西との試合開始です。

255.JPG

④皆、相手との距離を考え、ディフェンスをしっかりしています。一年生小林君(17番)も、頑張ってディフェンスを頑張り、合宿で練習した成果が伺えます。

258.JPGのサムネール画像

260.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤キャプテン・山崎君(4番)のフリースロー。

262.JPG

 

⑥頑張ってレイアップシュートをして、ファウルをもらう。梶原君(7番)のフリースロー。
320.JPG

 






















⑦山崎君(4番)のドリブルからのレイアップシュート。確実に決めました。
324.JPG

 















 

 

 

 

 

 

 

⑧田尻君(5番)のフリースロー。

341.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑨一年生渡邉君(10番)

345.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑩キャプテン・山崎君(4番)。大会前から左足首を痛めていたが、何とか4ピリオド途中まで頑張って活躍してくれました。

358.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑪キャプテン・山崎君(4番)に代わって、宇田君(6番)。

362.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この城西大城西中との試合結果は、41対26で圧倒的に勝利しました。

この大会で得たことは、入学して4ヶ月の1年生達が、他校の2年生の試合に入って

郁文館中学校バスケットボール部の原動力になってきたこと。

チームが目標を持ってやり通そうと努力していたことです。


次は、9月21日から始まる「文京区中学校バスケットボール新人戦シード権大会」に向けて、

個人技術を磨き、もう一段成長し、その成長を試せる場となるよう努力していきます。


皆様の応援をよろしくお願いいたします。

2014/09/06

2014 東京都女子バスケットボール夏季大会

2014年8月15日 夏季大会が開幕しました。

夏の練習の成果と今後のチームの方向性を確認する大会です。

初戦の相手は、都立第三商業高校

噂には聞いていましたが、かなり長身のチームです。

スピード対高さの勝負です。

1トスアップ.jpg

両チームともなかなかリズムがつかめず

2ドライブ.jpg一進一退の攻防

3スリーポイント.jpg4インサイド.jpg手探りの第1ピリオド

10-11

 

次第に体格差を感じ始める

14食らいつく.jpgリバウンドがなかなか捕れない

13気迫.jpgシュートの確立が墜ちていく

辛抱の第2ピリオド

 7-13

 

打てど入らず

15抵抗.jpg単発な攻撃

5オフェンスインサイド.jpgディフェンスも粘り切れず

6チェック.jpg高さを意識しすぎ、気持ちが逃げ始める

7体格差.jpg苦悩の第3ピリオド

 4-15

 

気持ちを切り替え、自分たちの特徴を思い出す

8スピード.jpg9エースの3P.jpg10ジャンプシュート.jpg走る、走る、走る

12ドライブ.jpgコート内を走りきる

11合わせ.jpg気迫の第4ピリオド

10-14

 

結果は

31-53

 

高さを意識しすぎ、気持ちで負けていた部分がありました。

きちんと基本的なプレーを繰り返し、オールコートで走りきれば、もっと良いゲームが出来ることを確認しました。

体格差は、スピードを生かすことによってカバーできる事を学び、チャンスで確実にシュートを決めることの大切さを実感した試合でした。

ここからが本番です。

次の新人戦に向けて、再スタートです。

« 前のページ  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
ENGLISH
PAGE