郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バスケットボール部

バスケットボール部

2012/09/28

文化祭に招待されました

9月23日 向丘高校の文化祭に招待され、試合をさせていただきました。

完全アウェイの中、自分たちの力を発揮することがテーマです。

 

DSC01948[1].jpg

 

1P  34 ー 11

上手に相手をコントロールし、確実に得点を重ねていきます。

相手のミスからの速攻も練習通りできていました。

DSC01952[1].jpg

 

2P  25 ー 8

完全にゲームをコントロールしました。

ディフェンスでのカバーもでき、無駄な失点はありませんでした。

確実に得点を重ねる展開ができました。

DSC01981[1].jpg

DSC02082[1].jpg

3P  21 ー 20

全員をゲームに出し、経験を積ませることができました。

大きなミスはなく、誰が出ても同じようなプレーが続きます。

戦力が整ってきたことを実感できました。

DSC01989[1].jpg

 

4P  26 ー 11

最後まで集中力が途切れることなく、ゲーム終盤まで主導権を渡すことなく展開ができました。

細かな点では、修正が必要ですが、この日のテーマはクリアーしました。

DSC02063[1].jpg

106 ー 50

 

新人戦に向けて、確実な手応えがあったゲームでした。

気を抜かず、新人戦を迎えられるように努力します。

2012/09/28

文京区交流大会 女子の部

女子にとって初の大会。

緊張感の中、いよいよ始まります。

DSC01784[1].jpg

 

初戦 小石川中学校戦  15 ー 16

相手も初戦で緊張しているのか、ミスが多い。しかし、それ以上に我がチームのミスが多く、シーソーゲーム。

DSC01786[1].jpg体格差で劣る我がチームは、スピードでかき回し、1点リードの状態で、残り15秒。

相手センターにインサイドで決められ、万事休す。 涙の惜敗。

DSC01797[1].jpg

第2戦 駒込中学校  23 ー 6

DSC01810[1].jpg初戦の悔しさをバネに、走りまくる。

DSC01813[1].jpg積極的にボールを取りに行き、終始ゲームを支配。

嬉しい初勝利。

DSC01826[1].jpg

 

第3戦  茗台中学校  10 ー 41

DSC01900[1].jpg身体能力では勝てない。粘りと根性でかき回すしかない。

DSC01912[1].jpgしかし、ボールへの寄り、シュートの正確さ、すべてで相手が一枚上であった。

実力差を知らされる結果に。

DSC01917[1].jpg新たな課題を持ち、新人戦本大会に向かいます。

 

2012/09/28

文京区交流大会 男子の部

新人戦の前哨戦 文京区交流大会が9月16日に茗台中で開催されました。

 

私学大会に続く、大会です。

 

初戦は、文京第八中学校戦  69 ー 10

自分たちのリズムでゲームを進められ、良い形で初戦を終えることができました。

IMG_6152[1][1].jpg

 

第2戦  茗台中学校戦  14 ー 43

終始相手のペースで試合が進められる。完全に走り負け。精神的にも圧倒され、弱さを露呈。

IMG_3313[1][1].jpg

第3戦  第九中学校戦  26 ー 44

反省を生かし、粘りを見せるが、確実性に欠けることと、身長で圧倒される。しかし、この粘りは成長の証。

IMG_9423[1][1].jpg

 

第4戦  第三中学校戦  29 ー 18

前半苦しい展開で、リードを許して後半へ。リバウンドやディフェンスをがんばり、逆転で勝利をものにする。

IMG_9735[1][1].jpg

 

結果、2勝2敗。

試合にも慣れ、粘りも出てきた反面、気持ちの入れ方で、ゲーム展開が変わってしまうという、精神的なもろさが出てしまった。

前回の大会より確実にディフェンスが成長しているのは大きな収穫であった。

新人戦の本大会も楽しみです。

IMG_7251[1][1].jpg

 

 

2012/09/08

私立中学校新人大会

夏の練習の成果発揮する、中学男子の私学大会です。

8月20日から23日までの4日間、慶應義塾中等部で行われました。

  DSCN5603[1].jpg

対 立正中学     50 対 46

 

センター中心に得点を重ね順調な滑り出し。

ディフェンスが後手に回り接戦となりました。

ミスが多く、積極性に欠けていたのが苦戦の原因でした。

   DSCN5543[1].jpg

対 淑徳中学     45 対 28

 

出だしのリズムが悪く、調子に乗れずにゲームが流れる。

次第に足が動くようになり、オールコートでディフェンスができるようになり、リズムをつかむ。

最後は、郁文館のペースで試合を制する。

     DSCN5709[1].jpg

対 成城学園    32 対 62

 

1対1で完全に振り切られる。

リバウンドも思うようにとれず、速攻を出され、悪いところがすべて出た試合。

気持ちでも相手に圧倒され、完敗。

 

対 帝京大中学  65 対2012年9月8日

 

敗戦を引きずってのスタートで、思うようなプレーが出来ない。

気持ちを入れ替えるように指示、そこからは、怒濤の攻め。

ベンチ入りメンバーを全員出場させることができ、よい経験をさせることが出来た。

    DSCN5613[1].jpg

対 日本大学第一中学   60 対 69

 

相手のペースで収支試合が進む。

1対1でのファールが積み重なり、消極的なプレーになってくる。

最後までリズムを作ることなく、敗戦。

 

     DSCN5773[1].jpg対 慶應義塾中等部  36 対 85

 

スピード、パワー、すべてで力負け。

対抗しようとがんばる気持ちはあるが、体がついて行かない。

ディフェンス力強化を感じさせる試合でした。

 

DSCN5851[1].jpg       対 桐朋中学   26 対 97

 

優勝候補の一角との対戦。

今の郁文館にはかなり高い壁。

当たって砕けろの精神でやってほしかったが、気持ちで負けてしまった。

自分たちの力が発揮できず、悔しい敗戦。

 

       DSCN6001[1].jpg4日間で、3勝4敗。

よい経験が出来、新人戦に向けて課題を見つけることが出来るよい大会でした。

次は、新人戦です。

自分たちのプレーが出来るように、がんばります。

         DSCN6091[1].jpg

2012/08/27

夏合宿

毎年恒例の夏合宿が、今年も8月3日から7日の5日間行われました。

場所は、新潟県妙高高原です。

DSC01542[1].jpg

この合宿の目的は、基礎体力、基礎技術の習得と、チームワーク、チームプレーの確立です。

気合いを入れて、合宿スタートです。

DSC01443[1].jpg

恒例、地獄のフットワーク

DSC01444[1].jpgDSC01492[1].jpg基礎練習のポジション取り、1対1の練習

DSC01477[1].jpg

DSC01470[1].jpgたまに、宿まで山道を走って帰ります。

DSC01564[1].jpg

仕上げの5対5です。

DSC01547[1].jpg

DSC01585[1].jpgDSC01617[1].jpgオフィシャル練習もしっかりやります。

DSC01552[1].jpg

5日間の練習が終わり、充実した顔。

中学生

DSC01651[1].jpg

高校生

DSC01650[1].jpg

秋の大会に向け、それぞれの目標達成のためがんばります。

 

 

 

 

« 前のページ  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19 
ENGLISH
PAGE