郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バスケットボール部

バスケットボール部

2013/11/12

高校女子新人大会 新たなページの幕開け

 平成25年11月10日

光丘高校にて、都立足立高校と新人戦の2回戦が行われました。

緊張感いっぱいの試合前。

自分たちの力を出し切る事だけを考えてゲームに臨みました。

 

1P 18-13

 前半4ドライブ.jpg

前半5 ゴール下.jpg

緊張感から、動きが堅く、大事に行こうとしすぎて、積極性に欠けるプレーが続き、流れがつかめない。 前半スクリーンアウト.jpg

 前半6リバウンド.jpg

課題であった、リバウンドが取れていたために、点差が開かず、粘り強いプレーができた。

 

2P  7-10 前半Df.jpg 

 前半8 レイアップ.jpg

積極性が出てきて、みんながシュートを狙うようになってきた。

しかし、思うように入らず、苦戦の展開。

 

3P 25-17

ディフェンスが積極的になり、パスカットからの速攻が出はじめ、リズムを掴む。

 後半 Df.jpg

 後半7レイアップ.jpg

シュートも入りだし、リードを広げる。

  後半4シュート.jpg前半7 3P.jpg

4P  9-13

一進一退の攻防。

 後半5ドライブ.jpg

全力で走り、跳び、競り合ってきた疲労が出てきて、動きが悪くなる。

 後半8シュート.jpg

 後半8 Df.jpg

最後は、防戦一方となるが、気力だけは切れることなく、ルーズボールに飛びつき、粘りを見せる。

 

59-53

 試合後.jpg

創部4年目にして、公式戦初勝利。

記念すべき試合となった。

何より、全員が気持ちを切らさず、自分たちのテーマを出し切れたことが大きな収穫でした。

まだまだ課題はいっぱいありますが、勝利したことに、自信を深め、次の試合に課題解決のチャンスが生まれたことが大きな一歩です。

次の試合も力を出し切りがんばります。

2013/11/05

高校男子第3支部新人大会 1回戦

1回戦が行われました。

対戦相手は、都立上野高校です。

整列.jpg 

1P

チップオフ.jpg

一進一退の攻防

4番ドライイブ.jpg

お互いにリズムに乗りきれず、思うようにスコアーができない序盤

徐々に相手のプレーが確実に決まり出す

22-29

 

2P

ディフェンス.jpg

お互いに思うようにボールが展開できず、ミスの多い展開

ブロック.jpg

6番ディフェンス.jpg

シュートまでなかなか持って行けない

 9-16

 

3P

足が止まり、ファールが重なる

5番スリー.jpg

7番ドリブル.jpg

相手が走り出し、体力的について行けなくなり、精神力も途切れる

19-37

 

4P

8番ジャンプシュート.jpg

3人の選手がファールアウト

10番ゴール下.jpg

相手の思うようにゲームを運ばれ、力尽きる

14番フリースロー.jpg

12-20

 

63-102

 

惨敗でした。

特に、精神力の弱さが露呈。

気迫で勝ることができず、体力も削られてしまった。

技術力は、一定のレベルまで来ているものの、勝ち上がるまでのものではなかった。

個々の1対1の能力も含め、チームとして、全員の技術力のアップが必要であると感じた。

2年かけてじっくり育てるチームではありますが、やはり、勝利を目指して、課題を持って練習に取り組まなくてはいけません。

この冬は、ハードな練習になりそうです。

 

2013/10/22

文京区新人大会

10月14日、20日に文京区新人大会が行われました。

 

【男子】

 

○1回戦 対文林中学校  (14日  会場 茗台中学校)

  1P 19ー10

  2P 17ー 8

  3P 21- 7

  4P 10-12

 『総評』

 順調な滑り出しで、常にリードした展開でゲームを進める事ができました。

 相手もボールに食らいつき、気迫で押される部分もありましたが、何とかリードを守りながら試合が進んでいきました。

 激しいプレーの連続から、お互いにファールが多くなり、両チームとも退場者が出る荒れた試合展開となり、相手チームは選手層が薄く、4人で戦わなくてはいけなくなりました。

 しかし、気迫で勝る相手に押され、受け身の展開となり、なかなか思うように攻められず、苦戦を強いられました。

最終的には67ー37という結果でした。

勝ったものの課題の多い試合でした。

 

●2回戦 対本郷台中学校 (20日  会場 竹早中学校)

  1P  0-58

  2P  4ー34

  3P  6-39

  4P  5ー28

 『総評』

 全てにおいて、負けました。

 体力的な部分においても、精神的な部分においても、相手に勝てる要素がありませんでした。

 練習から厳しい姿勢で臨んでいかないと、この差は埋めることができないと思います。

 この敗戦が、選手にとって良い刺激となり、次回対戦した時には、勝てるようなチーム作りをしていかなくてはいけません。

 一から出直すつもりで、がんばりましょう。

 

【女子】

 

●1回戦  対 跡見学園中学校  (14日  会場 茗台中学校)

  1P 10ー14

  2P  7-14

  3P  9ー18

  4P  9-12

 『総評』

 対等に戦えた1Pでした。しかし、、細かいミスと、シュート率の悪さが、次第に精神力を削ぎ、できていたことができなくなり、じりじり引き離される展開となりました。

 それでも、諦めることなく全員で立ち向かっていけたことは、チームとして良かったと思います。

 しかし、一人ひとりの試合に賭ける思いは、相手の方が上回っていたように感じました。

 一つのボールに対する執着心。これは、日頃の練習の中で身につけていかなくてはいけません。

 冬の間に、心を育てて、春には見事な花を咲かせましょう。

 

2013/09/28

文京区中学バスケットボール交流大会

新人戦のシード校を決める大会です。

男女ともに9月23日(月)に行われました。

 

男子は、文林、獨協、京北、日大豊山、郁文館の5校でのリーグ戦です。

結果は、対文林    28ー20

      対獨協    22ー27

      対京北     8-96

      対日大豊山  4ー51

 

女子は、文京学院、本郷台、小石川、郁文館の4校のリーグ戦です。

結果は、対文京学院 34ー14

      対本郷台   12-29

      対小石川   17-21

 

残念ながら、シード権を取ることはできませんでした。

しかし、勝つことの喜びを体験し、強いチームとも試合が出来、自分たちの足りない部分を実感できたよい大会でした。

 

10月14日には、新人大会が始まります。

この大会よりも良い試合ができるようにがんばります。、 

2013/08/27

高校女子夏季大会

8月18日

錦城学園高校と対戦しました。

新チーム最初のゲームで、この夏の練習の成果が試される大切な試合です。

 

相手は、身体の大きなチームです。

DSC01012[1].jpg

 

スピードで負けないように走りきるしかありません。

DSC01018[1].jpg

 

前半は、相手のミスにも助けられ一進一退の攻防が続きました。DSC01021[1].jpg

 

フェンスにおいては、夏練習の成果が出て、よく動けていました。 DSC01028[1].jpg

 

21-22

 

 

 

 

 

 

後半に入り、次第に体格差とシュート率の悪さからじわじわ引き離されていきました。

 

DSC01027[1].jpg

DSC01026[1].jpg

DSC01023[1].jpg        DSC01029[1].jpg

 

高校3年生の先輩達も力を貸してくれましたが、差を詰めることができずに破れてしまいました。

DSC01030[1].jpg 44-49

 

体格差のあるチームと対戦するときのリバウンドへの対応や、安定したシュート力をつけ、試合経験を積んでいくことにより、まだまだ強くなります。

新人戦までに修正すべく、練習に取り組んでいきます。

« 前のページ  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17 
ENGLISH
PAGE