郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バスケットボール部

バスケットボール部

2014/04/15

平成26年度 春季バスケットボール大会開幕

平成26年4月13日(日) 高校男子バスケットボールの春季大会が開幕しました。

年度初めのゲームです。

春休みの練習の成果を発揮する大会です。

まだ、2年生だけのチームですが、コートに立てば、同じ高校生。

勝負です。

 

対戦相手は、国士舘高校です。

ゲーム開始直後から、気迫で押され、ディフェンスも引き気味。

H男Df.jpg弱気になりそうな心を奮い立たせ、相手に挑みます。

H男シュート.jpg積極的に攻撃を展開するも、なかなか得点に結びつかず、苦戦。

H男加藤.jpg攻撃も守りも、相手が一枚も二枚も上手でした。

H男スクリーンアウト.jpg厳しい試合展開の中でも、あきらめずに戦いました。

H男竹川.jpgしかし、結果は 30-74 完敗。

また、夏の大会に向けて、鍛え直しです。

2014/03/11

親睦 中学生親子バスケットボール大会

テストも終わった3月8日、毎年恒例の親子バスケットボール大会が行われました。

挨拶子供.jpg挨拶親.jpg今年は、お母様達がたくさん集まってくれました。その中に混じって、兄弟姉妹も参加して頂き、和やかに始まりました。

円陣親.jpg始まってみると、みんな真剣

ボールイン.jpg親も子もなく、情けをかけず、全力のプレー

OF親.jpgOF子供.jpg小さい子を相手にしても、本気のディフェンス

頑張る弟.jpg母親がいてもお構いなしのぶっちぎり

情け容赦なし.jpg母親チームも、○○を忘れ、中学時代に戻ったようです。

攻める親.jpg反撃の親.jpg応援の歓声と和やかな笑い声の絶えない2時間でした。

全員集合.jpgお母様方、お疲れ様でした。

子供たちの頑張りを体感できましたか?

来年もお待ちしています。

 

2014/03/04

今学期最後の練習

テスト前最後の練習は、男子が練習試合でした。

多摩大目黒中学高等学校さんが来校してくれました。

体格、運動能力に優る相手に対して、どれだけ自分達のプレーができるかが鍵です。

 

高校生は、ディフェンスが消極的で、相手の思い通りに攻め込まれ、まだまだ鍛えなくてはいけないことがわかりました。

高校DF.jpg

高校竹川.jpg高校怜穏.jpg

 

中学生は、チームとしてのまとまりに欠け、ちぐはぐなプレーばかりでした。

中学DF.jpg

中学速攻.jpg中学OF.jpg

 

女子も、OB・OGを交えて、5対5の練習です。

女子練習1.jpg

女子練習2.jpg

 

どのチームも、精神力の弱さが目立ちました。

もっと、闘争心を前面に出し、相手に立ち向かえるように、春休みに鍛え直しです。

 

その前に、学年末考査、頑張りましょう。

2014/02/14

2014  B支部大会

先日の雪の影響で、2日間で行う予定が、1日で行うトーナメントに変更。

負ければ終わりのトーナメントです。

 

1回戦の相手は、麹町学園女子高校ディフェンス2.jpg

一進一退の攻防

ドライブ.jpgちらも決め手に欠け、思うように点が入らず、リズムを掴みきれない試合となりました。

シュート.jpg

積極的に攻めているものの、ディフェスが消極的になり、相手に攻めるチャンスをたくさん与えてしまいました。

相手シュート2.jpg

試合終了間際、1点リードを奪われて残り3秒。

ワンチャンスをものにして、終了のブザーとともに放ったシュートが見事にゴールに吸い込まれ、勝利。

きわどい勝利でした。

 

2回戦の相手は、筑波大附属高校

試合前.jpg

の3回戦進出を目指して、試合が始まりました。

タップ.jpg

イントを押さえた攻めで、リードを奪って、前半を終える。リバウンド.jpg

 

かし、相手が、ゾーンディフェンスに切り替えてからは、思うようにシュートが入らず、苦しい展開。

プレス.jpg

ディフェンスの頑張りも、焦りが出始め、シュートの正確性が落ちて点数が伸びず。

シュート2.jpg

じわじわと引き離されていきました。

結果、完敗でした。

またまた、課題が明確になった試合でした。

 

春の大会では、この悔しさを晴らすべく、練習に励みます。

2014/01/28

文京区中学校バスケットボール交流大会

平成26年1月26日 区内の中学校の交流を深める、1年生大会が文京区立第六中学で開催されました。

 

男女とも、郁文館中、区立音羽中、お茶の水中、区立第六中とのリーグ戦です。

男子の結果は、31ー19 対音羽中

           24ー10 対お茶の水中

           24ー10 対第六中

3戦全勝でした。

みんなテーマを持って、一生懸命走り、攻め、守りました。

今日の勝ちにより、他のチームから「打倒 郁文館」と、目標にされるチームとなりました。

これからが大変です。

今まで以上に一生懸命練習をしましょう。

 

女子の結果は、13ー28 対音羽中

          26- 7 対お茶の水中

          22ー22 対第六中

1勝1敗1分でした。

少ない部員ではありましたが、経験の少ない部員もよく動き回りました。

全員が得点を決める事ができ、喜んだり、悲しんだり・・・。

特に最後の試合は、残り28秒まで勝っていただけに、悔しい引き分けでした。

試合後、悔し涙を流してしまいました。

その気持ちがあれば、強くなれます。

 

次は、春の大会です。

頑張ります!!!     

« 前のページ  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 
ENGLISH
PAGE