郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バドミントン部

バドミントン部

2009/07/28

バドミントン部都大会ベスト16!

7月27日(月)立川市泉市民体育館で、バドミントン都大会、個人戦が行われました。

 

初戦はAブロックで1位の馬込東中との対戦でした。ラウンドへのロブが非常に効果的で、

崩れたところを確実に得点できるようにして勝利しました。

 

2戦目は調布七中です。技術の高いダブルスでした。われわれのローテーションがうまく

回らないところを見つけたのでしょう。ハーフをうまく使ってローテーションを崩されました。

そして片方の選手が苦手とするフォア脇を狙ってスマッシュを打ち込んできます。

やはり都大会、弱点を見極めるのが早いですね。大会までに克服できなかった部分を攻めてきます。

 

郁文館もなんとか勝とうと必死です。しかしネットの神様は、慌てていると微笑んでくれません。

今までうまくいったネットプレーがことごとくネットに阻まれます。

しかし、それは調布七中のミスを誘ううまいプレーがあったからこそのミスです。

やはり相手が一枚上手でした。僅差ではありますが負けました。

 

しかし選手はよくがんばりました。どんな状況になろうともあきらめず戦った姿勢は、スポーツに

とどまらず、今後の学業や社会に出たときにきっと大きい財産になるでしょう。

 

応援してくださった保護者のみなさま。バドミントンを理解してくださり、よい環境を作ってくださった

理事長先生と郁文館の先生方に感謝いたします。

 

次は淑徳巣鴨で行われる城北オープンです。今までの弱点を克服し、さらなる力をつけて

一つでも多く勝ち、中学生活に悔いを残さぬようがんばります!

 

卒業論文締切間近!

2009/07/24

バドミントン部 都大会出場!

7月20日(月)練馬区立総合体育館で行われましたBブロック大会個人ダブルスで

小林・中野ペアが、5位で東京都大会の出場権を得ました。

初戦の西台中は、小林君が相手を振り回し、中野君がスマッシュで決める形で勝利しました。

2戦目、淑徳巣鴨のトップダブルスは相手の力が圧倒的でした。ヘアピンで勝負を仕掛けても、

敢え無くプッシュされ、中野くんのスマッシュに託そうとしても、ドライブがとても素晴らしく、

なかなかスマッシュが打てませんでした。球回しの勉強になりました。

6位決定戦の大泉二中戦は、サービスをハーフに落とし、3発目をスマッシュで決める形が決まりました。

相手のスマッシュをクロスレシーブするのも効果があったと思います。

5位決定戦の神谷中は、お互い満身創痍でした。特に神谷はシードでなかった分、1試合多く、

体力と気持ちの面で押し勝てたと思います。意図的にラリーを仕掛け、相手のスマッシュの威力が落ちたとこ

ろで、スマッシュレシーブをクロスに落としていきました。団体戦では神谷のダブルに負けていたので、

なんとかリベンジできました。

都大会では、1勝でも多く勝ち、選手たちの良い思い出となるよう、全力でがんばります!

都大会が終わったら、卒業論文もがんばりましょう!!

« 前のページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
ENGLISH
PAGE