郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バドミントン部

バドミントン部

2010/08/16

スコアシートの付け方を教えちゃいました!

合宿2日目でございます。

 

昨日は「笑顔で乗り切るんだ!」と言っていた部員が、朝目覚めて見ると、

どんよりした表情でフラフラしていました。体調管理も勝つためには大事な

ことですよ。自分の力を把握してください。無茶は体を壊します。それは一時の満足感です。

健康管理を心がけ「継続的な訓練」をすることで、心身ともに充実して鍛えられます。

 

先生に「これダメ」「あれダメ」って管理されないと、自己管理ができないのは

甘えている証拠です。己を知ることが、勝利への近道なのです。

実は先生が体調管理までしてくれていることにも気づきましょう。

体調管理や時間管理のしっかりできる子は、部活も勉強も伸びますね。

バドミントンの合宿を通して、是非とも先生のお説教にも耳を傾けてください。

損することは言いませんよ。

 

そして今日は、夜のミーティングで、先輩たちが1年の部員たちに、スコアシートの

付け方を教えました。先輩たちも今までの先輩たちが教えてくれたように、親身に丁寧に教えて

くれました。後輩君も一生懸命聞いています。

 

ダブルスのシートは頭から煙が吹き上がるくらいに悩んでいましたが、

それも先輩たちの地道な指導で、しっかりと理解をすることができました。

しかし鬼の顧問が、少しでも間違えていると「やり直し!」の厳しい一言。

それでも何回も書き直してがんばっていました。明日はダブルスの主審をやってみましょう!

 

毎日の感想文も、今日は先輩たちと一緒に活動できたので、充実した内容に

なっておりました。学年でかたまるのではなく、バドミントン部として、さらに一枚岩に

なっていきましょう。

 

今日もぐっすり寝て、明日もがんばりましょう!

 

 

丁寧に教える、中学部長の大金くんと、うれしそうに教わっている柳澤くんです↓   badcamp3のサムネール画像

2010/08/15

バド合宿は勉強もしちゃいます!

今日からバドミントン合宿を群馬県尾瀬で行っております。

本日のメニューは、到着した途端に…

 

①花園ランニング(かなりきつい道のりですが、お花がきれいに咲いております)

②坂ダッシュ

 ・ミニハードルを利用した坂道ダッシュ

 ・チャイナステップ(飽きるまでやりました)

 ・1人が足を持ってケンケン

 ・手押し車

 ・エンドレスダッシュ(みんな瀕死の状態でした)

③体育館内で、サーキットトレーニングによるフットワークの練習(悲鳴をあげるほどやりました)

④基礎打ちと称したジャンプトレーニング(ミスしたらジャンプ10回。絶叫するほどやりました)

⑤夜はミーティングと駄目出し。そして夏休みの宿題をやりました。

 

今日はみんなよくやっていました。

最後の部員がメニューをやり終えるまでしっかりと応援できていました。

自然と最後の部員のメニューが終わったら、全員の拍手が起こりました(相当きつい練習だったのでしょう)

消極的な発言がありませんでした(これは立派!)

明日も元気にがんばりたいので、体のケアをしっかりとして、ぐっすり寝ましょう!

 

 

勉強風景です↓

badcamp2

2010/07/28

バド部都大会ベスト32!

まだまだカナダで研修引率中でございます。

カナダも少しずつ暖かくなってまいりました。しかしカラッとしていて、

過ごしやすいです。冷房はないのですが、日陰にいるととっても涼しいです。

 

日本は暑さが続いているようです。

ブログを御覧いただいておりますみなさまにおかれましては、水分をしっかりと摂って、

是非とも御自愛くださいませ。

 

さて、待ちに待った中学バドミントン東京都大会が、7月23日、立川市民体育館で行われました。

結果は、1回戦で大森二中に負けてしまいました。

 

大金くんが、当日の朝、私に「絶対ベスト8行きます!」と頼もしいメールをくれました。

きっと、自らに重圧をかけて、がんばっていたんだと思います。

悔いは残ると思いますが、ここで終わりじゃないです。

 

Shoot for the moon even if you miss you'll land among the stars.

 

努力はきっと、素敵な結晶になりますよ。

 

私が中学の頃にバドミントンと勉強でお世話になっていた芝田先生が、

東京都大会の運営委員をしていらっしゃいまして、郁文館の試合を見てくださっていたようです。

試合後、引率顧問の小田先生や選手達に、アドバイスをくださったようです。

本当に郁文館バドミントン部は、いろいろな方々に見守られながら活動しているんだなと実感します。

 

引率の小田先生からのメールを引用いたします。

 

  1セット目の前半は相手のミスが続き、こちらの流れでしたが、後半から相手のペースになってしまい、

  結局最後まで流れを変えることができませんでした。バドミントンの技術はもちろんですが、

  どんな状況でも落ち着いて自分達の力を出せる精神力をつけていってほしいと思いました。
  芝田先生からは、2本目までの攻めはできているけれど、3本目までうまく攻め切れず、リターンで崩されて

  しまうねと言われました。そこを最後まできっちりと攻められれば…ということでした。

 

むむ。試合の中から、さらなる課題が出てきました。小田先生、引率と監督ありがとうございます!

芝田先生! いつも御指導ありがとうございます!この課題を克服することで、さらに強くなれます!

 明日からの練習にも力が入ることでしょう!

 

保護者のお母様からも、試合の様子をメールにて送信していただけました。

後輩たちも、礼儀正しく応援できていたようです。みんなから力一杯応援してもらって試合ができた

大金瀧本は幸せ者です。

 

しかし、まだまだ、中3のバドミントンの夏は続きます。次は淑徳巣鴨中高で開催していただきます、

城北オープン大会です。強豪ひしめく中、なんとか1勝をもぎとりたいものです。

 

これからは、応援してもらった後輩のために、自らが磨き上げた力や気持ちを、後輩の指導にも

充ててください。きっと後輩たちも大喜びです。

 

郁文館バドミントン部の関係者のみならず、多くのみなさまに応援していただきました。

本当にありがとうございます。これからも、礼儀を重んじ、継続して努力して参ります。

※ 画像が添えつけられなかったのが残念です!

2010/07/20

バド部ブロック4位、都大会出場決定!

私、ただいまカナダにおります。

高校1年の海外研修の引率です。初日は睡眠をせず、夜にぐっすり寝まし

たので、時差ぼけもなく、快適に悠久の時間を過ごしております。

カナダは素敵な場所です。現地の方々もみなよい人です。いろいろな人種

の方がおり、助け合いながら暮らしを立てています。ビクトリアはのんび

りしてよい町です。

 

さて、日本のお話です。去る7月18日に行われました、バドミントン

Bブロック大会におきまして、我が郁文館中学は、個人ダブルスで4位入賞

を果たしました。

 

初回は開進一中に勝利し、次の井荻にも勝利しました。

しかし、準決勝で淑徳巣鴨、3位決定戦で志村二中に激戦の末に破れ、

4位になったようです。

 

非常にすばらしい結果です。私も、彼らの中学最後のブロック大会を共に

過ごしたかったので残念でしたが、生徒諸君・保護者の皆様の盛大な応援

が、彼らを後押しし、このようなすばらしい結果につながったことと思いま

す。

 

前回都大会では、ベスト16でしたので、次はベスト8を目指してがんばり

ましょう!この日も残念ながら研修引率中ですので、郁文館バドミントン部

関係者様、是非とも盛大な応援をよろしくお願いいたします!

 

ところで、カナダでもバドミントンは流行っています。

引率で、現地コーディネートをしてくださっているルーデル・里子さんの旦

那様が63歳のお歳でバドミントンをやっていらっしゃいました。

カナダでは、中国の方々が多く、サークルを作って活動していらっしゃいま

す。その中で共に活動していらっしゃいます。週5くらいやっているようで

すよ。

里子さんの旦那様の夢は、カナダで大きなバドミントンの大会を開催するこ

とです。バドミントン道具を持ってくればよかったと後悔しております

(涙)!

 

休みの日に、カナダの繁華街に赴き、バドミントン道具を見つけてこようと

思います。バドミントンの話題でつながりが持てるってすばらしいことで

す。

 

遠くカナダから応援しています!

メープルシロップをおみやげに買ってきます!

2010/07/14

バド部 文京区 団体・個人優勝!

 ・ 文京区中学校夏季大会におきまして、大会結果をお知らせいたします。

 

  男子団体          優勝

   男子個人 

         シングルス  2位   小野恒雅

         ダブルス   優勝   大金智弥

                        瀧本健太

                  3位      小川恭平

                        嶋田悠人

 

  ブロック大会へは、団体・シングルス・ダブルスで出場いたします。

  

・ 文京区大会のレベルが全体的に上がってきました。

  少ないブロック出場枠を争い、各学校とも熾烈な試合を展開いたしました。

 

  前回大会において都大会に出場した本郷台に勝利しての個人ダブルスは、非常に素晴らしい結果でした。

  大会前の練習で、相手をよく分析し、相手の体周りを狙い、ロブを上げずに丁寧に展開することができ、

  成果を出すことが出来ました。

 

  団体でも、第1ダブルス・シングルを落としても、第2ダブルスが取り返すなど、お互いにカバーしながら

  勝利を収めることができました。声を出して、気持ちを全面に押し出して勝利をもぎとることができました。

  仲間関係をより深め、教育としてのバドミントンの役割を持つこともできました。

・  団体・個人の試合に、高校の先輩(小林くん)も駆けつけてくれ、後輩に熱い声援と熱いアドバイスを

   施してくれていました(写真では変な顔をしていますが…)。

  選手達も熱い気持ちをもって試合に臨むことが出来ました。

 

・ 各学校とも激しい試合展開の中にも、礼儀を重んじ、対戦相手を尊重し、

  3年生最後の大会を悔いなく、清々しく終えることができたと思います。

  主審・線審も丁寧にできておりました。

  

  ブロック出場が叶わなかった、郁文館の選手含め、各校選手や応援生徒も、

  どんなに追い込まれても、最後まで諦めず、お互いに励まし合い、文京区大会を盛り上げてくれ、  

  非常に素晴らしい大会にすることができました。

  

  文京区の先生方、保護者様には深いご理解をいただき、大変感謝しております。

  この場をお借りして、お礼を申し上げさせていただきます。

 

・ ブロック大会でも上位を目指し、東京都大会に出場したいです。

  一段落いたしましたら、またみなさまにお知らせいたします。

 

 

 

     バドミントンマガジンのインハイ出場校みたいに、強そうな顔して撮ろうと言ったのですが、

     何かぎこちなさを感じます。まだ、我々はそのレベルには達してないようです↓

 

badmin pic01.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 前のページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
ENGLISH
PAGE