郁文館夢学園HOME  >  スクールライフ  >  クラブ活動  >  バドミントン部

バドミントン部

2011/01/17

佐山・竹ノ谷ペア東京都大会進出!!

  新年明けましておめでとうございます。

 今年度も楽しく、礼儀正しくバドミントン部一同、活動して

 いきたいと存じます。よろしくお願いいたします。

 

  久しぶりのブログの更新です。

 ただいま、高校生新人Ⅱ部大会の引率で、小岩高校で更新しております。

 雪も降っております。ひざ掛け毛布を持ってきて、正解でした。

 

  中高大会の近況報告をいたします。

 

    中学校冬季大会 佐山・竹ノ谷ペア 東京都大会出場!

 

  冬季大会は、シングル・ダブル掛け持って出場することが

 できるので、レベルがやや上がる大会です。

 そんな中、佐山・竹ノ谷ペアが6位入賞を果たし、東京都大会の

 出場権を獲得いたしました。

 

  相手のローテーションを崩す配球ができるものの、プッシュすべき

 ところでロブで上げてしまったり、プッシュをネットにかけたりと、

 勿体ないところが散見されます。

 

  勝ち進むにつれ、疲れも溜まり、ミスが多くなってきました。

2人とも、物腰のやわらかい性格なので、気合負けしてしまうかなと

 思っていたのですが、お互いに声を掛け合って、お互いに支えあって、

 6位決定戦で、実践学園さんに勝利を収めることができました。

 

  1人1人の力では到達が難しいことも、励ましあいながら達成すること

 ができた2人を見ていると、バドミントンの試合以上に得るものが

 あったんだろうなと感じます。さらに磨きをかけて、東京都大会でも

 1点でも多く、1試合でも多く、バドミントンを楽しんでもらいたいで

 す。

 

    高校生新人Ⅱ部大会

 

 シングルでは、中山くんが4回戦まで進むことができました。

レギュラーメンバーとして名は連ねられないながらも、

バドミントンが大好きで、日ごろの練習に熱心に励んでおります。

 

 顧問に尻を叩かれながらも、腐らずにがんばってきた成果が

でたんじゃないでしょうか。

 

 中山くんは、私とは中学校1年からの付き合い

ですから、ついつい私も、親身な指導と称した、鬼のような指導を

してしまいます。よくぞ耐えて、ここまで来てくれました。

 

 これだけ耐える力が身につけば、社会でどんな荒波にも耐えられる

のではないでしょうか。しかし引き続き、鬼のような親身な指導は

継続します。

 

 

 

… これらの大会を通じて感じることは、

 「勝つ負ける」ことだけにとらわれず、仲間と楽しみながら、

 励ましあいながら、継続して練習することが、結果につながって

 いることです。

 

  勝っても負けても声を掛け、ねぎらいあう彼らの姿を見ていると、

 学校でのクラブ活動は、人格形成の大きな部分を担っているものと

 感じます。

 

  今年も引き続き、楽しく礼儀正しくバドミントンをして

 参ります。保護者の皆様におかれましては、毎週の日曜日練習で、

 ご子息ご息女のためにお弁当を朝早く起きて作ってくださり、

 ありがとうございます。彼らはお弁当をガツガツ食べて、ガツガツ

 練習しております。これからも引き続きよろしくお願いいたします。

 

PS:中学1年の男子部員が今年は2人しかおりません

  (女子は7人です)。

  来年、男子団体に出場したいので、中学受験を突破した暁には、

  ぜひともバドミントン部に入部ください!

2010/11/26

東京都ベスト16!!

①中学男子団体東京都ベスト16!!

心も体も一回り大きくなった中学2年のみんなは、

上板橋体育館一杯に広がるような雄叫びを上げながら、

ひとつひとつのラリーを大事に、試合をしました。

 

もしかすると、どの学校よりも一番大声をあげて試合を

していたんじゃないかなと思います。試合終盤は、絶叫に

似た叫び声になっていたような…。 

全国レベルの選手もおり、試合に勝つこと以上に、バドミントンを

愛する我々郁文館バドミントン部は、うっとりしながら他校さんの

試合を観戦しておりました。フットワークが美しいです!

一打一打に気合いが入っています!

 

東京都大会まで駒を進めた学校は、統一の取れた

チームが多いです。学ぶところの多い、よい試合が多数ありました。

礼儀のよい生徒さんが多く、この空間を体験でき、

これからの、とてもよい刺激になったことでしょう。

 

②高校男子団体東京都ベスト16!!

  高校男子も熱い試合でした。力をかなりあげております。  

  もっともっとがんばって、関東大会いってほしいですね!

 

  東京都高等学校バドミントン新人戦Ⅰ部大会 兼 関東高等学校選抜東京都予選大会

 

(男子個人 複)

花井橋本ペア  2回戦進出

中野小林ペア  3回戦進出

中西江ヶ崎ペア 2回戦進出

 

(男子個人 単)

小林大赳    3回戦進出

 

(男子団体)  4回戦進出

 

団体戦では、台風による順延で、各学校共に、コンディション作りが

大変だったと思います。共栄学園さんには何とか一勝でもしたかった

です。惜しいダブルスの試合がありましたが、まだまだでした。

これからバシバシ練習をして、関東大会いきたいです!

 

 

 

 

 

2010/10/08

バド部嶋田くん、卒論GP獲得! & 大会報告!

  文化祭も終わり、行事が一段落しました。ようやく、落ち着いてブログを作成できます。 

  保護者様からの温かい励ましをいただきながら、日々楽しく部活に勤しんでおります。

 

  今回は、嶋田くんの卒業論文の成果と、中学大会結果、高校個人シングルのお知らせを

  いたします。

 

  あと、今年の中学1年は女子が7人で男子が2人です。来年も男子団体に出たいので、入学希望の保護者

  様! 是非とも元気な御子息をバドミントン部にお願い申し上げます!

 

① バド部嶋田くん、卒論GP獲得!!

   

  バドミントンマガジンに、逆取材を敢行し、日夜卒論制作に勤しんで参りました、バドミントン部の嶋田くん

  が、数ある卒業論文の中の頂点に立つことができました!

   

  文化祭で、自らが作成した卒業論文のプレゼンテーションを行う嶋田くんは、審査員の先生方も感心する

  ほどよい発表でした。満場一致でグランプリを獲得することができました。しかし常に謙虚な嶋田くん。賞状

  を受け取る際にも、おごらず騒がず慌てず、謙虚な姿勢で賞状授与に臨んでおりました。

   

  審査員の先生方は、バドミントンに対する熱い思い、徹底した取材、そして、将来バドミントンとどのように関

  わっていくかの具体的な設定とプレゼンテーションがよかったことを挙げてくださいました。

  

  今度、落ち着いたら、卒業論文を持って、お世話になったバドミントンマガジンの方々にお礼に伺いたい旨

  を申しております。様々な仕事に携わる、多くのみなさまによって、夢を持つ子供達が支えられていることを

  実感します。社会の一線で働くすばらしい先輩によって、嶋田くんの思いを形にさせていただきました。
  

  本当にありがとうございます。これからも、バドミントンを通して、社会で貢献するための教育をして参りま

  す。これからも御指導御鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。
   

② 中学校大会結果

 

 1 城北オープン 団体ベスト8

 

      中学校3年生の最後の大会にふさわしい、とてもよい試合でした。貫井中学と接戦をしましたが、第2ダブ

   ルのファイナルまでもつれましたが、僅差でかわされ負けてしまいました。
      

   しかし、最後の最後まで諦めず、声を出して懸命に努力した3年間は、将来、必ず成功のきっかけになる

   でしょう。次は高校生の大会に向けて、引き続き誠実に粘り強く努力して参りましょう。
     
      余談ではございますが、淑徳巣鴨の選手と顧問の関口先生による指導方法の
      講習は非常に勉強になりました。やはり全国レベルはすごいです!
 
 2 文京区中学校秋季新人大会
   

   結果

  ・男子団体     優勝                 (郁文館)
  ・男子シングルス 1位 豊田浩史          (郁文館) 
                       2位 佐久間生成        (郁文館)                        

              3位 佐山優也          (郁文館)
  ・男子ダブルス  1位 竹谷龍・松尾輝            (郁文館)                        

                           2位 伊藤聡一郎・椎名凜      (郁文館)  
                       同3位 川奈玲央・内藤信志  (郁文館)

 

      よい結果が残せました。今までの地道な練習の成果でしょう。結果も素晴らしいことですが、なんといって

   も、試合の前後の気持ちのよい挨拶、そして運営や審判の手伝いなどを精力的に行ってくれたことに、人

   間的成長を感じます。

 

   女子は、共学元年の中学1年生が奮闘してくれました。皆、2回戦以上は進出できたのですが、まだまだ

   緊張感が足りなかったようで、メタメタにやられてしまいました。

 

   しかし、これしきで凹んでいるわけにはいきません!

   バシバシ練習をして、次の大会では、てっぺん獲っていきましょう!

   

   ブロック大会に向けて、すでに猛練習に励んでおります。団体でも個人でも、
   都大会を目指してがんばりましょう!

 

③ 高校大会予定(H1小林くん個人シングル)

 

    来たる10月10日(日)東村山体育館で、高校個人シングルスの大会が催されます!

   郁文館のエース小林くんの登場です!

 

   この日は、練習をおやすみして、みんなで応援に行きます!

   しかし、みんなで応援に行くと、満員御礼になって、他校様に御迷惑をおかけしますので、中学3年のみ

   んなで応援に行きます!

 

   しかし、中学1・2年の諸君は「応援行きたい!」と一生懸命に私に伝えてくれます。

   それもそうでしょう。小林くんは、中学の大会には必ず応援にかけつけてくれて、中学生のみんなを励ま

   してくれています。きっと、中学1・2年の諸君も、自分のことのように、自分がコートに立っているかのよう

   に、一体になって応援したいのでしょう。

 

   郁文館バドミントン部が一つになっている証拠です。理事長先生のお言葉を拝借すれば、まさしく一枚岩

   になっているのでしょう。こうなったら、小林くん。ここは一つ上位大会に進出して、広い体育館にみんな

   を招待してください!

 

   余談ではございますが…

   小林くんは、日頃から熱心に練習に打ち込んでおります。昨日、彼がガットを全部切ってしまって困って

   いたので、私の大事なアークセイバーZ(ラケット)を貸したら、貸した途端にガットを切られました。なんて

   ことでしょう(泣)。お小遣いないって言うから、先生は泣く泣くガットを張り替えてきましたよ。もう。

 

   ブロック優勝してくれれば、まあいいかな。がんばれ!

 

④ 卒業論文画像!

 

:パワーポイントで熱くバドミントンについてプレゼンする嶋田くんです。他の生徒が制服を着て、ポインタ使っ

  てるのに、なぜか嶋田くんは、ユニフォームに身を包み、ポインタの代わりにラケットを振り回して説明してお

  ります。彼曰く「ユニフォームは勝負服なのです」とのことです。

 

下:卒論GP候補には、バドミントン部のインテリ派、山本くんもノミネートされております。彼は、脳死と臓器

  移植について熱く語りました。いずれもよい発表でしたが、惜しくもGPを嶋田くんに譲りました。将来はお医

  者さんになることです。がんばれ!

 

 

バド嶋田.JPGのサムネール画像 バド山本.JPGのサムネール画像

 

 

2010/08/30

バド部 夏の大会報告!

  8月も終わりに近づきながら、暑さが一向に止む気配がございませんが、みなさまいかがお過ごし

  でしょうか。 保護者様におかれましては、熱を体に溜めないよう、水分の補給をし、ぜひとも御自愛くださ

  いませ。

 

  バド部の部員諸君は、暑さに負けず、卒論を仕上げ、宿題を懸命にやってください。

  バド一色の夏でしたから、最後の最後は学問に耽りましょう。しかし、楽しい夏でしたね。

 

  さて、大会結果の報告をさせていただきます。

 

① 第5回文京区 国・都・私立中学校バドミントン大会(女子のみの大会です)

 

  1部・2部・3部リーグに分けてのランク別リーグ戦です。

  郁文館は、女子部員の初陣でございます!

  全員中1ですが、気負いをせず、全力でがんばってほしいです!

  

  郁文館は、1部シングルス

         1部ダブルス

         2部ダブルス

         3部ダブルス

  

  に出場させていただきました。

  出場校は、お茶の水・筑波大学附属・小石川・跡見・郁文館・駒込です。

 

  区大会では、運営でなかなかアドバイスなどできないのですが、 跡見学園の斉藤先生のお心遣いもあり、

  終日、試合のコーチングをさせていただくことができました。とてもうれしかったです!

 

  ルールの学習とスコアの付け方の勉強会も兼ねており、跡見学園高校の部員さんによる指導もいただき

  ました。時間いっぱいになり、試合が途中で打ち切りになるところもありましたが、皆、充実して試合をする

  ことができました。とてもよい大会でした。

 

  1部シングルスと1部ダブルスは、秋季新人戦のトップが集う、レベルの高いコートでしたが、

  なんとか、シングルダブルともに、1勝をあげることができました。

  2部3部でも、なんとか勝ち越しできました。

 

  郁文館女子は、男子の部員と顧問でゲーム練習をしているせいか、ムキになってスマッシュとドライブで

  組み立てるクセがあります。物静かな子たちが多いのですが、あからさまに勝ち気まんまんです。

  これを「イン・ザ・ゾーン」と言うのでしょうか。すごいオーラを放っていました。

 

  しかし、必死にシャトルを追いかけはしましたが、まだまだ中2の先輩達の技には足が追いつきませんでし

  た。反省点もたくさん見つけることができました。次の大会にまで、まだ1ヶ月もあります。さらに力を上げ

  て、よい結果を秋季新人戦で残しましょう!

 

  このような素晴らしい大会を開催してくださった、跡見学園バドミントン部の先生方、

  この場をお借りして感謝を申し上げます。ありがとうございました!

 

② 東京都高等学校バドミントン新人戦 Ⅰ部大会(個人・複)

 

  こちらの大会は、バドミントン夏合宿と重なってしまい、出場した高校部員は、残念ながら合宿には参加で

  きませんでした。最近、高校の大会に足が運べず、残念でなりません。

 

  高校部員諸君は、後輩たちの面倒見が非常によく、合宿に参加できなかったことを残念がっていました。

  大会に出て、よい結果を残したい気持ちもあったので、非常に悩んだことでしょう。

 

  しかし、大会に出る以上は、日頃の練習の成果を存分に発揮し、後輩たちのエールに応えるべく、

  獅子奮迅の戦いを繰り広げてくれたようです。

 

 ・ 小林・中野ペア   4回戦進出

 ・ 橋本・花井ペア   3回戦進出

 ・ 江ヶ崎・中西ペア  3回戦進出

 

 小林・中野ペアは、ファイナルまでがんばったのですが、残念ながら負けてしまったようです。

 小林くんが私に、携帯で連絡をくれ、悔しい思いをぶつけてくれました。普段は電話なんかしない性格の私で

 すが、その中でも、滅多にしない長電話をしてしまいました(40分電話しました)。 

  

 また新学期の練習で、バドミントンに対する熱い思いを語りましょう、そして目指す目標に向かって

 邁進しましょう!

 

 …以上が夏の大会結果です。9月からは中学校では、男子個人複で、全国優勝も成し遂げました淑徳巣鴨

 さんが開催してくださる、城北オープン大会と、秋季新人戦が待っております。

 

 バドミントン部は、中学高校ともに、お互いに敬意を払いながら、お互いに気遣いのできる、非常に結束の取

 れた部活になってきました。 しかし気を緩めず、慢心をせず、礼儀を重んじ活動を続けましょう。

 

 郁文館バドミントン部にお心遣いをくださる方々、保護者の皆様の御陰で、安心して活動に励むことができて

 おります。これからも宜しく御指導のほどお願い申し上げます。

 

 

ダブルスのエース、小林くんと中野くんです。トムとジェリーみたいに、いつも仲良くケンカしてます↓

小林くんと中野くん.JPGのサムネール画像 

2010/08/19

郁文カップ!

本日で、5日目です。

今日は、レギュラーを選考するために重要な学内戦である「加藤カップ」を開催いたしました。

やはり団体に名を連ねたい部員は、真剣そのものです。どの試合も熾烈を極めました。

まるで公式試合のようでした。

ダブルスでは、文京区大会でも有名な嶋田くんが、元気に声を出して、

相手のサーブの調子を狂わせていました。夜のミーティングでは、声が枯れていて、

すべてを出し切って、真っ白になっておりました。

女子も今年度から入り、最初から丁寧に指導を、顧問と先輩部員でやってきました。

この合宿での成果は非常にすばらしいものでした。女子シングル決勝では、部員が全員集まって、

応援をしました。その声援に応えるべく、必死にシャトルを追いかける姿に、

顧問一同感動しまくっておりました。

さまざまな素晴らしい戦いを終え、みんなで写真をパチリ。生き生きとしていて、みんなかわいらしいです。

若さっていいですね。

そして、宿舎に帰ると、中3年の保護者様一同から、おやつの差し入れの段ボールが届いておりました。

このホームページも見てくださっているようで、がんばる部員たちの最終日の最後のご褒美になりました。

おやつも、ひとつひとつ袋に詰めてくださっており、そのお心遣いに胸がいっぱいになりました。

とってもおいしかったです!

最後の夜のミーティングで、みんなにひとつひとつ手渡しをし、HPを御覧の保護者様に感謝の気持ちを

表したく、みんなでおやつを頭に掲げて笑顔の写真を一枚撮りました。みんな大喜びです!

そして、今年度の合宿のMVPは、非常に選考に悩みましたが、中3年の小西くんに決定いたしました。

みんなほんとによかったのですが、やはり決め手は、どんなに苦しい練習でも、

すべての顧問に「練習ありがとうございました」と朝昼夜の練習で必ず挨拶をしてくれるところです。

シングルスの決勝では惜しくも負けましたが、やはり礼儀と感謝を重んじる郁文館バドミントン部です。

やはり小西くんのひたむきに努力する姿がMVPにふさわしいです。発表したときは、

みんな納得の拍手でした。これからも誠実に努力を重ねてバドミントン活動をがんばってほしいです。

明日は午前中の練習です。

これで合宿の報告を終了させていただきます。大切なご子息を無事に帰して参ります。

保護者様におかれましては、いつもお世話になりましてありがとうございます。

これからも郁文館バドミントン部をよろしくお願いします。

上:大会が終わってみんなでパチリ 中:おやつを独り占めしようとしている顧問 下:おやつに感謝する部員

badcamp9.JPGのサムネール画像

badcamp8.JPGbadcamp7.JPG

« 前のページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9 
ENGLISH
PAGE